FC2ブログ

カイエンのラジオアンテナ


先日、ナビ・ドライブレコーダー・レーダー探知機を
取り付けてもらった。
純正でクラリオンのナビが装着されていたので、クラリオンに
配線のことや配線図をもらえないかと問うたら、
ポルシェ社の許可なくそれは許されないとの返事だったらしく、
手探りでの配線作業は今までで一番困難な作業だったとのこと。

さて、取付できたので色々と機能確認をした際、
ラジオのアンテナがなくて、ラジオが良く受信できないとのこと。
カイエンにはラジオアンテナはなかったのだろうか・・。
前から後部モニターがあるのでラジオは使用できないとの
メッセージがナビに表示されていたけど、今回、ナビを新たにしても
ラジオは聞けるようにならなかったか・・。
別途、フィルムアンテナを購入して接続したら聞こえるか確認しようと思う。

さて、ネットの情報からドライブレコーダーには200GBのクラス10の
MicroSDカードを挿入してみた結果、うまく認識してくれた。



大容量なので、フォーマットも頻繁にしなくてもいいはずだ。
ついでにナビにも同じ200GBのSDカードを装着。
その後、ナビの自宅登録、ブルートゥース機器設定等をすまして
一応の設定完了。

やはりラジオが気になる。
なんとかしようと思う今日この頃。
スポンサーサイト

カイエンの電装関係の装備


昨年末、急に購入したカイエン、957シリーズなので
クラリオン製のナビが標準装備で装着されていた。
が、もはや古い。
地図の更新サービスも打ち切りとなっており、
近年の特に都会での道路の変貌ぶりに対応できない。
これでは大阪や福岡、足を延ばして京都、名古屋あたりまで、
車に出掛けた時に不安だ。
まあ最近はスマホナビが優秀なので、そっちを使う人も多いと
聞くが、やはり車載ナビを使いたいということで、
買い替えることにした。

条件があって、2din 7型に絞るというものだ。
近年、ナビの画面が大型化しており、7型ワイドから8型、9型まで
発売、あるいは発売予定だが、カイエンのナビの7型以上の
取付キットが販売されておらず、つけるとすれば個別の取付加工の
必要があり、そこまでして装着せずとも7型で十分という判断である。

まずフォレスターにも搭載したクラリオン製のナビを検討してみた。
道路案内に加え、音楽の再生についての音質がとても良い。
フォレスターの時もナビを換えただけで、これ程音が変わるのかと
驚いたものだ。
しかし、クラリオンは近年、7型等のナビは新型を発表していない為、
候補から除外。
ネット等で口コミを検討し、また自分自身のメーカーへの親しみ等で、
パイオニアのサイバーナビ、ケンウッドの彩速ナビが候補となり、
最終的にナビや音の再現性能、そして価格の面で、
彩速ナビ MDV-Z905を選択した。



これは、ハイレゾの高音質コーデック「LDAC」に対応し、ワイヤレスで
ハイレゾが楽しめ、ナビもルート案内時に目的地に近づくと
音楽ボリュームを自動的に下げる機能や高速道路逆走警告や
スマホをケーブル接続したまま電源をオフにして降車しようとすると
置き忘れを警告する機能等が盛り込まれている。

オプションでこのナビ専用のバックカメラも買おうとしたが、
クラリオンナビのバックカメラが使えるかもと思い、購入しなかった。
が、ショップに装着の為に預けたらやはり必要だった(汗。

ついでにレーダー探知機とドライブレコーダーも購入検討。
ドライブレコーダーは前後カメラのもので、駐車時の監視もできるもの、
機種としてはコムテック「ZDR-015」を選択。



またレーダー探知機は、移動式小型オービスにも対応した
コムテックの「ZERO 705V」を選択。



コムテックはデータの更新が無料なのが嬉しい。

カイエンを購入した時に、レーダー探知機もついていたが、
ナビ同様、古そうなものだったので、全て取り外してもらっていた。
今回、ナビを含めて全て新品となり、やっと自分仕様のカイエンに
仕上がる。

元々、カイエンはバックモニターの関係からか、なぜかFM/AMが
操作不能になっていた。これもナビを換えたい一因であった。
今回、取付SHOPによると、そのあたりもうまくクリアできそうとのことで、
FMを聞きながらのながらドライブが好きな僕にとっては朗報だ。

現在、カイエンは取付SHOPにて機械装着中。
作業終了が楽しみなのである。

韓国レーダー照射事件について


北朝鮮船に瀬取り(洋上で貨物を積み替える形で制裁を
逃れる行為)をしていたところを日本の哨戒機に発見され、
(日本の排他的経済水域でしかも身分を隠すためか
国旗もしくは海軍旗も掲げずに)
まずいとこ見られたので追っ払おうとレーダー照射をしたのが
真相なんだろうが、まあその後、やってないだの、
日本が低空飛行して威嚇したから謝れとか、挙句の果て、
再度また日本が低空飛行してきたと画像をねつ造、今度やったら
撃ち落とすとか、もう開いた口が塞がらないほどの嘘と強弁。

国内世論は岩屋防衛大臣の弱腰対応も含めて、大臣の罷免と
韓国との断交を望む書き込みも多く見受けられる。

まあ、韓国も北朝鮮への瀬どりの事実が本格的にバレた場合、
北朝鮮と同様、国際的な経済制裁を受けるだろうから、
謝るに謝れず、日本が低空飛行したからとか、論点はずしに
躍起になっているのが見て取れる。

韓国の大統領は北朝鮮寄りで、北朝鮮による朝鮮半島統一を
目論む人だという。
昔から韓国は友軍のはずなのに、日本を仮想敵国としてきた節が
あるが、今回、その反日感情を一気に国内で暴発させて、
日本憎しの一念で北朝鮮と韓国の思惑一致、最終的に両国の
合体ということを視野に入れているとしたら相当の策士だ。

日本とすればまず、日本は悪くない(当然のこと)事実を粛々と
世界に向けて発信し、世界がどう判断するかを
待っておけばよい。今の時点でも韓国は嘘を言ってることは
もはや世界の周知の事実だけれど。

さて、問題なのはこの次の段階だ。
経済制裁、交流断交、ビザ関係の見直し、こんなことが考えられる。

経済制裁をした場合、日本もいまやスマホ等の部品製造国として、
韓国にもかなりの輸出をしているはずで、痛手は被ることになる
だろうが、国益を考えると凌いでいくしかない。

さて、経済制裁、交流断交、ビザ等で韓国を締め上げて
自らの非を悟らして、瀬どりの事実を含めて謝罪させられれば
いいけれど、もし、前述のように激情して北朝鮮と合体となると、
その後、中国に朝鮮半島が吸収されるというシナリオも考えられる。
これは日本のすぐ近くに主義主張の違う共産主義の国が出現し、
それは日本の国防上でも経済上でも大変危険なパターンだ。

ここまで考えると、日本は性急に事を進めず、少し時間をおいて
様子を見て判断すべきだ。

しかしいつもの遺憾砲で済ますことは、今回の件は
友軍に銃を突きつけるという大変危険な行為をしているので、
その点は必ず反省させる必要があるので絶対にしてはならない。

→韓国には日本に何をしてもよい、何をしても大して怒らないと
考える風潮があり、親日罪も存在する国。

しかし今、相手は自分が悪いのに逆切れして勝手に怒りの頂点に
達して、どう暴発するか分からない状態なので、しばらく日本は
不気味な沈黙を保つのも一策。

そのうち、世界から避難され始めて、やっと頭が冷えて、
韓国の世論等が少しやり過ぎたというような雰囲気が醸し出され、
暴発的に北朝鮮との合体は無いなと考えられる段階になって、
ビザの厳格化等、徐々に制裁措置を
相手が正式に謝罪するまで
段階的に行い始めればよい。
ネットで言われる直ちに経済制裁、交流断交等の、
制裁措置は自分としてはおすすめしない。
直ちにやるとしたら、ビザの厳格化ぐらいから始めればよかろう。

韓国をどう御していくかが難しい事案。
米を中心に世界の世論を味方につけて、韓国の感情の鎮静化と
正常な判断を促す必要がある。
こういう時に政治家の政治センスが問われる。
安倍さんのかじ取りに期待しよう。

岡山にて絶品のトンカツを食べる


ポルシェセンター岡山へカイエンを点検に出した後、、
前から気になっていたので昼食に寄ってみた。

fukutoku

ここは牛かつも推しのようだが、とんかつも「おごじょ豚」なる
豚肉を使っており、なかなか美味そうなので、
最初はロースカツ定食大にしてみたんだ。

ご飯は高菜のまぜ飯と白飯と選べて、当然まぜ飯。
キャベツのドレッシングも野菜やらゴボウドレッシングやら、
数種類ある。
ご飯とキャベツとお味噌汁はお代わりし放題。

少し待って、着膳。
まず肉の分厚さに感動。絶妙の揚げ加減で中心はピンク色。

rousukatsu

かじると、油の甘味、肉の味の超絶コラボ。まいう~。
ソースを掛けすぎない様に気を付けて、肉の味を楽しむ。
味噌汁も味が濃くて美味しい。
高菜のまぜ飯、うまくて3杯も食べてしまった。
キャベツもゴボウドレッシングが美味しくてこれまたお代わり。

肉もこれだけ大きいと満足感が大きい。
大きいだけでなく柔らかくジューシーで味がいい。
東京蒲田の「とんかつ 丸一」のとまではいかないが、
かなり近いお味でとんかつを楽しめる。

お腹パンパンになって、大満足で退店。
これはもう僕の中では岡山一のとんかつ。
岡山では倉敷のかっぱとか有名だが、あのドミグラスソース
ドバトバのとんかつは僕は好きではない。
甘ったるいソースの味がきつすぎて、衣もべちゃべちゃだし、
肉自体の味がさっぱりわからない。まあ好みの問題。

さて、あれから数日して、どうしてもまた食べたい気持ちが
抑えきれない。
ポルシェセンター岡山へ預けた車を取りに行かなくては
いけなかったのをこれ幸いと再び来店。

次はヒレカツ定食を食べてみた。
実は自分、ヒレカツはいままで食べたことない。
脂身がまたおいしいロースと比較して味気ないと思っていた。
が、孤独のグルメの「キセキ食堂」のとんかつ編を見て、
ピンク色に揚がったお肉が頭から離れなくなり、
今回はその肉質に似ているヒレカツ定食を注文してみたんだ。

さて、まあ漬物とかご飯とかキャベツ等は前回と一緒。
問題はお肉だ。大きなヒレのカツが6個ごろりと
お皿に盛られている。

hirekatsu

大きな口をあんぐりと開けて、一口かじってみる。
「うまい!」、うん、これはうまいぞ、まさしくお肉だけを
味わっている。柔らかくそしてお肉のうま味がいっぱい。
正直いままで、ロースでなければヒレはあっさりしていて、
食った気がしないだろうと思い込んでた。
が、それは違った。ヒレの方が純粋に肉の味が楽しめる。
ロースよりうまいじゃないか!

もう箸が止まらなくなり、ご飯も三杯おかわりしながら、
パクパクと食べた。こんなにとんかつが美味しいと
思ったことはない。蒲田の丸一なんか、最初は美味いけど、
最後の方は少ししつこくなって、感じる味が落ちていく。
こちらは最後まで美味しいままだ。
ヒレ、いい、すごくいい!!

今回もお腹パンパン、大満足にて退店。
僕はもうとんかつは当分、ここのヒレカツ一筋だね、
とんかつふく徳、ありがとう、最高です。

theme : 食べ歩き。
genre : 日記

九州ラーメンはうまか!


週末、九州へ出張。
今回の出張先は豊前市だったが、日帰りはつらいので
博多へ一泊。
博多で評判の「炉端焼き百式」で夕食を食べた後、
クラブを2軒ハシゴ。
そしていい感じにホロ酔い気分になったところで
いつものように〆のラーメンへ。

今回は中州にある人気店一双さんへ。
夜中01:00前なんだけど、〆のラーメン求めて行列が出来てる。
寒風吹きすさぶ中待ってると、そろそろ入れそうなところで、
店員が先にチケット買ってくれと促す。
ここは券売機で券を買って渡すシステム。
オーソドックスに味玉ラーメンを注文。
トータル10分か15分待って、やっと入店できた。

注文はすでに済んでいるので座って待っていると、
5分程度で着丼。
さあまずスープだ。

IISOU

あれ、なんか薄い・・。インパクトない。
豚骨の匂いは店内はしてるんだけど、スープは意外にあっさり。
しつこくない。麺は細麺バリカタ。紅ショウガを加えて、
ニンニクを潰して入れてみた。
まあまあ美味いんだけど、まあ普通。
クラブの女の子に教えてもらった中州の「やまちゃん」というラーメン屋も
スープはこんな感じだったか。
美味しいと地元の人は言うんだが、僕には薄い感じ。
僕の舌が濃い過ぎるんだろうか・・。
替え玉出来そうだったけど、替え玉するんだったら河岸変えて
別のラーメン食べようと思い立ち、ささっと食べて退店。

どこ行こうかと考えた。地元の人は行かないんだろうけど、
僕は「一蘭」のスープの味がすきなので、一蘭へ行くことにした。

ここも券売機でチケットを買うシステム。
競馬のようにカウンターの席には衝立があり、カウンターなんだけど、
孤独に食べられる席の作り。

ここはアンケート用紙にスープの濃いさや麺の硬さ、辛さ等を
書いて、注文チケットと共に渡す。
味の濃さは最大、こってり度も超こってり、秘伝のタレ(辛さ)は普通、
こんな感じでオーダー。

ichiran

5分程度で着丼。
こちらもまずスープ。
うん、濃い!!ちょっとぴりっと刺激もあってなんとも美味しい。
そうそう、こんなのが好きなんだと、夢中でズルズル。
あっという間に完食、お腹パンパン。
しかし旨いスープなんだが、体には悪そう。 笑

大満足でホテルに帰り就寝。しかし腹が苦しかった。

そういえばクラブの女の子が言ってた、
一蘭食べると次の日、お腹くだすって。
それは例外なく僕もそうなり、次の日は一日お腹ユルユル。
まあしつこいスープを注文したのは自分なので自己責任です。
決して一蘭さんが悪いわけではないです。

〆のラーメンの好みは色々あるだろうけど、
僕は旅先ならご当地ラーメンを食べるのがいつも楽しみ。

ついでにわが地元岡山なら「ラーメン乙」の鶏白湯ラーメン一択。

OTSU

博多ラーメンのようにスープは白濁してますが、
コクがあるけどしつこくなくてなんとも美味い、しかも後々胃もたれもしない。
癖になっていつも〆のラーメンとしてすすり続けてます。

theme : 食べ歩き。
genre : 日記

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード